デマンドコントロールで光熱費削減~圧縮機の負担ゼロを目指そう~

案内

圧縮機の保護

男女

経費削減のためにデマンドコントロールを行う法人が増えています。ただ、デマンドコントロールの方法を間違えると、空調設備の要となる、圧縮機に問題が起こることもあります。故障につながることもあるため、デマンドコントロールを行う際は、圧縮機を保護する設備を用意することが大切です。そうすることで設備にダメージを与えないようにすることができるほか、光熱費を削減することも可能です。エアコンや空調設備の状況を常に確かめておける設備もあるため、活用してみるのも一つの方法です。使用電力が可視化されるため、現在の電気量や、デマンドコントロールの状況を確かめることも可能です。空調設備を制御するといっても送風をやめないようにすることで快適になります。

オフィスや事務所に自動ドアを用意しているという法人にとってそれが故障してした際にすぐに対応したいものです。自動ドアが故障したら早めに修理することが大切です。自動ドアにはセンサーがあり、そのセンサーにより開け閉めされています。そのため、センサーが故障してしまうと、自動ドアが開かなくなることもあるのです。お客様が訪れることもある、オフィスや事務所だからこそ自動ドアの故障は修理しておくことが大切です。店舗の見た目を最大限によくしたい時は店舗デザインを行う業者に頼むといいでしょう。コンセプトに合わせた、オフィスにしてくれます。イメージカラーやオフィス家具により店舗をデザインしてくれることもあるため、お客様も訪れやすい店舗となります。

光熱費を削減

不動産

光熱費を削減するためにはデマンドコントロールを行うことが大切です。ただ、デマンドコントロールは空調機やエアコンといった設備に問題になることもあります。デマンドコントロールに対応した機器を把握しておきましょう。

自動ドアの故障は危険

男性

自動ドアが故障すると挟まれ事故が起こるかもしれないため気をつけておくことが大切です。自動ドアが故障した際は、修理してもらうことが大切です。業者に修理を頼むといいでしょう。

コンセプトに合わせて

3人のスタッフ

店舗の色彩を考える際に、イメージカラーを活用するのも一つの方法です。企業のイメージカラーや商品のイメージカラー等を壁や床に活用して店舗デザインとして活用するといいでしょう。